2015年2月22日日曜日

グローバルに通用する 異能を開花する 大前研一通信特別保存版 Part.VIII Review

R+(レビュープラス)から献本で、『グローバルに通用する異能を開花する』 (大前研一通信特別保存版 Part.VIII)を頂きました。

本書もこれまでの大前研一通信と同じく、世界で通用する人を育てるために必要とされる人、普通の人ではなく「異能」を持つ人を育てるにはどの様な教育が良いかと言ったことについて語られています。

0歳から18歳まで、異能を開花するための人材育成」国際バカロレアという団体と教育プログラム。その教育プログラムに基づいた幼児教育の例が書かれています。

国際バカロレアプログラムの特徴は、偏差値教育とは対極にある全人教育。

最後はいつものように英語の必要性、BBT(ビジネス・ブレイクスルー)大学の紹介となっています。

0 件のコメント: