2014年11月6日木曜日

『免疫力をあなどるな!』矢崎 雄一郎 著 (サンマーク出版)Review

R+(レビュープラス)から献本で、免疫力をあなどるな! を頂きました。

著者の矢崎 雄一郎氏は医師で免疫細胞治療の研究者、樹状細胞ワクチン「バクセル」をはじめとしたがん免疫細胞治療の研究開発などのバイオベンチャー、テラ株式会社代表取締役。
 著者の医師として、研究者としての立場から「免疫力」の大切さ、「免疫力」をつけるための生活習慣について述べられている。 

毎日ちょっと意識して生活するか、まったく意識しないで生活するか、――それが人生を大きく変える。 

身体にとって一番大切なものとは何か?――それは「免疫力」 「免疫力」とは身体が本来持っている、病気にならないための「予防する力」であり、身体が病気になったときに健康を取り戻す[回復する力」でもある。 

 「免疫力」を高めるためのポイントは、「ボス細胞」(正式には「樹状細胞」、著者曰く免疫機能を操るボスのような細胞なので「ボス細胞」) この「ボス細胞」の働き次第で免疫機能は低くも高くもなる。 したがって「ボス細胞」を活性化することにより「細胞レベル」で健康になることが出来る。
 私たちの身体を形成する六〇兆個の細胞の大半は、新陳代謝によって常に新しいものに入れ替わっている。 この細胞の生まれ変わりにより、人の身体は大体100日でほとんどすべてが生まれ変わっている。
  この入れ替わる点に着目すれば、「ボス細胞」を鍛えることによって入れ替わりごとに「ボス細胞」をよりよいものにしていけばよい。――と言った考えに基づいて「ボス細胞」を鍛えて「免疫力」を高めるためのHow toが書かれている。

 毎日ちょっと意識して生活するか、まったく意識しないで生活するか、――それが人生を大きく変える。 この一言は、健康だけではなく、すべてのことについても言える。 この一言を意識させてくれただけでも良書です。