2014年7月11日金曜日

『企画は、ひと言。』石田 章洋 著(日本能率協会マネジメントセンター)Review

R+(レビュープラス)から献本で、 『企画は、ひと言。』石田 章洋 著(日本能率協会マネジメントセンター)を頂きました。
 「世界ふしぎ発見!(TBS)」、「TVチャンピオン(テレビ東京)」といった人気番組を手がけてきたベテラン放送作家・石田章洋氏が、アイデアが思いつかない、企画がなかなか通らないと悩むわれわれフツーのビジネスマンに向け、25年にわたってテレビ番組の制作に携わり、ヒット番組を創ってきたノウハウを紹介してくれます。

 企画が採用されるためには、企画を「見える(イメージできる)」ようにしなければならない。とがった企画(今までに無い斬新な企画)は、自分以外の他者から企画が見えづらい(ために理解されない)、誰もが知っている“ベタ”なアイデアを使い、”ベタ”に新しさをプラスαすることで、企画を誰もが見えるようにする。それこそがクリエイティブなのです。と石川氏は言っています。
 企画書にもっともらしいデーターを貼り付け、画像やフォントで飾り、デコることに時間を費やしていたけど、タブン企画に自信が無いからだったんだなぁ

 どのような仕事であっても、自らの企画やアイデアを通したい、当てたいと願うわれわれフツーのビジネスマン必読の一冊です。