2014年6月18日水曜日

『スノーデンファイル 地球上でもっとも追われている男の真実』 ルーク・ハーディング著 三木俊哉訳(日経BP社)Review

R+(レビュープラス)から献本でスノーデンファイル 地球上で最も追われている男の真実   ルーク・ハーディング著 三木俊哉訳(日経BP社)を頂きました。 世界中を騒がせたあのスノーデン事件で、記憶に新しいノンフィクションの作品。 訳本なので、カタカナ語や役号がとても多く、理解しながら読み進めるのがとても大変。

ファイブ・アイズ(アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドの5カ国)は、世界各地で連携して、世界中のインターネット、音声通話などの無差別監視、諜報活動を行っている。

同盟国である日本やドイツ、フランスなどなども諜報活動の対象となっている。ドイツのメルコム首相の携帯電話も盗聴されていた。

眠気と闘いながらなんとか読みきった。

あくまでもノンフィクション、読んでいてワクワクすることもない。ただいえるのは、このブログもアメリカが収集していかもしれないという事実。

携帯も、メールもFacebookもすべて盗聴対象だということ。

背筋が寒くなった。

0 件のコメント: