2011年1月24日月曜日

MacPeople (マックピープル) 2011/2月号Review



R+(レビュープラス)から3ヶ月連続でMacPeople (マックピープル)の献本を頂きました。「MacPeople (マックピープル) 2011/2月号」のレビューをしてみたいと思います。

特集1 マックのこれからがわかる用語を解説「最新ワード10」
Bluetooth3.0、Blu-ray、DLNA、exFAT、GPGPU、HDMI、HTML5、LTE、USB3.0、VHDと紹介されましたが、WindowsPCを自作する、もしくはITヲタクでなければざーっと目を通すだけでイイかも。特集1に取り上げてもねぇ・・・

特集2 マックで使うAndroidとWALKMAN
Macを使っている人で、iPhoneじゃなくAndroidケイタイ使いたい人。iPodじゃなくWALKMANがイイという人向けの記事です。
わたくしはiPhoneが出るまではdocomoとWILLCOMの2台持ち。今はiPhoneのみ。
iPodがでるまでは、カセットテープのWALKMANから始まってCD、メモリと10台くらい使っていましたが、iPodがでてからはiPod初代から諸々で7〜8台購入。うちshuffle3世代とTouch、nanoはいまだ現役で使っています。iPodというよりも、iTunesの便利さ、この楽ちんさを知ってしまったらいまさらWALKMANには戻れない。

特集3 Macでラブラブ共有ライフ
カップルや夫婦、家族での予定や写真、音楽、その他ファイルの共有などについてのTipsを紹介してあります。

別冊付録1 iPhoto '11マスターブック
「iPhoto ’11」の基本機能から応用テクニックまでを紹介。iPhotoは誰でもかんたんに使えるけど、機能をじっくり把握してからというマックビギナーにはイイかも。

別冊付録2 MacとWinインターフェース比較論
Snow LeopardとWindows 7のインターフェースの違いを対比しながら紹介してます。
わたしはぺらっとめくって断念しました。やっぱ自分はマックじゃなきゃダメだと思わせてくれる冊子です。

今月号の一番は、なんと言っても表紙です。安めぐみに癒されました。

0 件のコメント: