2010年2月1日月曜日

『BBTonDVD大前研一LIVE』Review


R+(レビュープラス)から献本で『BBTonDVD大前研一LIVE』【2010年1月10日放送分】トライアル版が届きました。
全篇180分で、とても見応えのあるDVDです。

今回の内容は、
(1)大前研一氏の今週のプライベートを写真で紹介。

(2)ニュース解説前編
●内政
*鳩山内閣/藤井氏の大臣辞任。菅副総理が財務相に
*国内財政/2010年度国債発行額は162兆4139億円。予算案の一般会計総額は過去最大の92兆円に
*生活支援策/ガソリン税率維持、戸別所得補償制度を漁業対象に2011年度から実施へ
*民主・小沢幹事長問題
*JAL問題
*空港ハブ化問題
*情報通信行政/原口総務相が「情報通信省」創設へ意欲
●外交問題
*普天間基地問題
*核密約問題
●国際情勢
*米ロ核軍縮問題・ロシア情勢、中国政府人事、韓国情勢、アフガニスタン情勢

(3)Rrealtime on-line Case Study もしもあなたが「日本ガイシの松下雋社長」とすれば、どのような長期世界戦略を描いて退任するか?
日本ガイシの沿革、業績、売上などの数値を基に、今後どのように展開していったらよいかを解説。

(4)ニュース解説後編
*国民所得過去最大の減少幅、東京都心5区のオフィス空室面積過去最大、日本郵政郵貯の限度額緩和要請
他にも、
欧米金融、米国金融、世界株式市場、ロンドン証券取引所、世界財政、中国株式市場、新興株式市場、ベトナム情勢、中台貿易、ドバイ開発、アブダビ原発開発等々盛りだくさん。

以上のように国内外のニュースを、大前研一氏が忌憚ない切り口で解説しています。

大前研一氏については、その奇譚のない物言いから、好き嫌いが分かれる部分もあるかと思いますが、こういった考え方もあるという意味では参考になるのでは。
このDVDを見て大前研一氏が信じるに足る人物であると思ったのは、彼が自分の見込み違いについて、「iPhoneはダメと言っていたが、完全に自分の見込み違いだった。」と言っている点。
評論家やコンサルタントは見込みが外れても、決してそれを認めようとはしない人が多いなか大前研一氏の態度は大変立派。

わたしは、こういったものは特定の一人のものだけではなく、いろいろな考え方のものを聴き、見て。その中から自分の考えをまとめていくと言うことが良いのではないかと思っていますが、『BBTonDVD大前研一LIVE』【2010年1月10日放送分】トライアル版は送料込みで1,050円ととってもリーズナブル、そういった意味でもこのDVDはオススメです。


『BBTonDVD大前研一LIVE』とは

「大前研一ライブ」は、世界的に有名な経営コンサルタントの大前研一が、その週に起こった日本や世界の主要なトピックやキーとなるニュースを、独自の問題解決の視点と分析力で読み解いていきます。地上波ではなかなか放送できないニュースの本質や裏側、隠された因果関係を明らかにし、それらが個人や企業に与える影響を詳しく解説します。また注目企業の業績・動向・施策を取り上げ、その意味合いや本質的問題点、成功の鍵を明らかにします。知る人ぞ知る完全会員制のビジネス・経営専門チャンネル「ビジネス・ブレークスルー」の看板番組として、スポンサーなしの本音トークで真実に迫ります。
BBTonDVD宅配サービス


0 件のコメント: