2010年1月12日火曜日

PRESS MANシャープペンシル


筆記具は直接使うものだし、その人の筆圧や癖などで使い勝手が違ってくるし、
なかには、自分の字が下手なのを筆記具のせいにする人もいるくらい。

かくいうわたしも、水性ボールペンのほうが、油性ボールペンより字が上手く書けるとか、シャープペンシルは0.9ミリか0.7ミリで芯は2Bとか、

手帳は基本的に万年筆で書き込むとか・・・

自分なりの決まりがある。

やっかいなのは、自分なりの決めごとや、好き嫌いでこれっていうものを持っていながら、もっといいもの、自分にしっくり来て、気分良く書くことができて、欲を言えば字が上手く書ける。といったものに巡り会わないものかと思っていて、時間があれば文房具屋さんであれこれ物色していたりする。

わたしの家の側には京王アートマンがあり、同じフロアに文房具屋さんと並んで世界堂もあるので、結構楽しめる。

そこで、昨日見つけたのがPRESS MANというシャープペンシル。
芯は0.9ミリ。筆圧がかかると芯が沈むセーフティスライド機構がついていて、筆圧の高いわたしには嬉しい。
そして、値段がなんと210円。
買ってから、しらべてみたら元々が速記用のものということで、やはりプロ用のものは良くできているなぁと感心。
もちろん、このままでも十分に使いやすいんだけど、PRESS MANプニュグリップをつけるとものすごく使いやすくなる。

シャープペンシルの完成型といえるほど。

このプニュグリップが4個入って105円。

最高にリーズナブルで、抜群の使い心地になります。

ちなみに、Amazonでも扱っていますし、安いので興味のある方は試してみたら。

オススメです。

0 件のコメント: