2010年1月27日水曜日

iMacにTurboMouseとHappy Hacking Keyboardの入力環境


わたしのiMacは2008年の12月に買った24インチのものです。
画面がでかいので、マウスだととても使いづらかったので、昔使っていたKensingtonのTurboMouseをiMateを使って、ADB to USBでつないでみました。
そうしたら、システム環境設定で何も設定することはできないけど、問題なく動きました。
指先でぐりっとすると、大きな画面の端から端まで、カーソルがすっーと動いてくれるので、とっても快適になりました。

キーボードは昔から、ズーッとHappy Hacking Keyboardなのですが、TurboMouseと高さがほぼ一緒。
黒いHappy Hacking Keyboardと黄ばんだTurboMouseにアルミとガラスのクールなデザインのiMacといった組み合わせ。
見た目はうーんだけど、使い勝手はいいんだな。

ちなみに、月並みだけどTurboMouseのボールはビリヤード用のボールに代えています。

Kensingtonから SlimBlade Trackballという新しいトラックボールの製品がでているんだけど、こいつはビリヤードのボールが使えないそうなので、ちょっとやだ。

ExpertMouseは大丈夫らしいので、手に入れとかないと。

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

TurboMouseのボールはビリヤード用のボールに代えています。>>ビリヤード用のボールが使えるのは素晴らしい!!TM-150を使っているのでそんなHigh browなことができないのでくやしい!Track Scrollを使っている.