2009年12月27日日曜日

千葉降格 老舗クラブに何が起こったのか(中日スポーツ)

千葉の降格の原因を中日スポーツが取材、分析していた。
千葉降格 老舗クラブに何が起こったのか(上)でミラー監督体制下でおこった問題。
ベンチにコーチの江尻を入れたことで、通訳がベンチに入れなくなり、英語が理解できないことから、ミラー監督と選手のコミュニケーションがとれなくなり、信頼関係が徐々に薄れていった等々・・・

千葉降格 老舗クラブに何が起こったのか(下)で江尻監督へのインタビューから、JEF復活への思いなどを語っている。

この記事を読んでみても、来期のジェフの役に立つようなことは何も書いてはいなかった。
一つだけいえることは、江尻監督はジェフを愛していて、ジェフを何とか復活させたいと思っていると言うこと。

江尻監督の気持ちは嬉しいし、頑張って欲しい。
だけど、冷静に考えると、経験のない監督でぼろぼろになってしまったチームの再建ができるのだろうかと思ってしまうんだけど・・・
ミラー監督に代わって江尻監督になってから1勝9敗5分でひとつしか勝てなかった監督だし、采配ミスで負けた試合が幾つもあった。

来期開幕から5連勝とかできれば可能性も出てくるとは思うけど、開幕ダッシュができなかったときには、江尻監督ではとても立て直すことはムリ。

江尻監督では引き出しが少なすぎて、厳しいのじゃないか。

降格に至った総括をやらないまま、言葉が通じるとかいうアホな理由で、監督を決めていると取り返しのつかないことになってしまう。

今からでも遅くないので、監督は代えましょう。
幸いポポヴィッチがフリーなので、ポポヴィッチに来てもらいましょう。
リーグ終盤の大分はとてもいいサッカーをやっていたし、ジェフにフィットすると思うんだけど。

江尻監督にはまだあと3年くらいは勉強してもらい、もう少し引き出しが増えてからやってもらいましょう。大事に育てるのも愛情。
このままやらせて、大きな傷を作ってしまうと、江尻監督もジェフも立ち直るのは大変になっちゃうからね。

0 件のコメント: