2009年12月14日月曜日

ATOK回帰


新しもの好き、新しいものはなんでも手を出して見る。がモットーなので、Google日本語入力にもスグに手を出して、それから10日間Google日本語入力だけでやってみました。

Google日本語入力、変換効率そのものは全然問題なしなのだけど、最初の立ち上がりが遅い。この立ち上がりの遅いのはどうしても我慢できない。

それに類語辞典共同通信記者ハンドブック辞書が使いたいということもあって、やっぱりATOKに戻してしまいました。
日本語入力起動までのちょっとしたタイムラグなんだけど、そのちょっとのタイムラグが待てない。
Google日本語入力だと起動が間に合わなくて、最初の1,2文字がこぼれちゃうんだ。だからって、1,2拍待ってタイピング開始ってのもねぇ。

これって致命傷だよね。

やはり、思いついたらスグにタイピングが始められないとね・・・

ATOK一太郎 Ver.3の頃からのつきあいになるので、もう20年以上使っているので、やっぱ手が馴染んでいるというのも大事。

改めて、思ったのは道具はやっぱりなれたものが一番だ!

たぶんこれからはもうズーッとATOKだな。

0 件のコメント: