2009年11月18日水曜日

Jリーグ大分に6億円融資

大分が約5億6000万円の債務超過に陥っているということで、Jリーグが「公式試合安定開催基金」から融資を決めたということなんだけど、大丈夫ってのが率直な感想。

東京ヴェルディ存続の為には5億4千万円のスポンサー契約確定の条件を課した一方で、大分にはずいぶんと甘い対応。なんで?

大分のJリーグへの要請は2億円の融資だったはず。ということは、大分の経営陣は自分たちの財務状況を把握できていなかったって事じゃないの。
そんな経営陣が経営しているチームにいくら注ぎ込んでもダメじゃないの?
来年はJ2になるので、経営状況はさらに悪くなるのは明らかで、現経営陣では健全化は絶対にできないと思う。

Jリーグは繁栄してもらいたいし、そのためにも九州にJ1のチームがあって欲しいという気持ちはあるんだけど、だからっていい加減な経営をやっていいということではないし、そこはキチンとやらないと結局は続かなくなってしまう。

今回、Jリーグが融資を決めたのはたぶん九州のサッカーを育てていこうという大きな気持ちからであるとしたとしても、現経営陣にはここにいたってしまった責任をとっていただき退任していただき、新しい経営陣のもとでの再建をはかってもらいたい。

また、Jリーグには大分の経営に関しては深くコミットして欲しい。
Jリーグの「公式試合安定開催基金」の60%を1チームに融資して失敗することはあってはならない。
その為にはなんとしても大分を再生させて、再びJ1に復帰させなくては成功とは言えない。

最後に大分のサポーターの皆さん、スタジアムに行って大分をサポートしましょう。選手たちには満員のスタジアムが一番の応援になります。

わたしはJEFサポですが、チームを愛する気持ちは一緒です。
一緒にJ1に復帰しましょう。

WIN BY ALL !!

0 件のコメント: