2009年11月6日金曜日

川崎の自主的処分っておかしくないか?

先日のナビスコカップ決勝で、東京に負けた川崎の選手が表彰式での態度が悪かったということで、Jリーグの鬼武健二チェアマンが激怒。
それを聞いた川崎の武田信平社長は非紳士的な態度をとったということで、自主的に処分を決めた。
準優勝賞金5,000万円の返上、表彰式でガムをかんでいた森勇介は1試合の出場停止、武田社長以下、取締役3人は10%の減給(3カ月)ということなんだけど、
これっておかしくないか?
確かに皇族もおいでの表彰式でガムをかんでいるのはまずいし、もらったメダルをすぐに外したり、握手をしなかったりと子供じみた行為でみっともないとは思うけど、なにも出場停止にすることはないんじゃない。
賞金の返上だって、意味がない。Jリーグのチェアマンが絶対権力者で、にらまれたらまずいから、問題が大きくなる前に自分たちで処分します。
だから許してください。って、まるで高野連のよう。
ファッショのニオイがするんだけど、そう感じたのはわたしだけなんだろうか。
「ごめんなさい、次からはきちんとします。ゆるしてください。」ってことでいいんじゃない。
テレビや新聞などのメディアもこの件は川崎の対応が当然のような伝え方で、おかしいという考えは全く聞こえてこない。
考え過ぎかもしれないけれど、どうも世の中嫌な方に向かっているような気がする。

0 件のコメント: